利益相反管理方針

利益相反管理方針

利益相反管理方針(概要)

平成21年6月1日

 アーク証券株式会社は、金融商品取引法等に基づき、当社とお客様相互間における利益相反のおそれのある取引に関し、お客様の利益が不当に害されることのないように適性に業務を遂行するため、管理体制を構築し、利益相反の管理等に係る事項(利益相反管理方針)を定め、その概要を公表いたします。
1.利益相反管理の対象となる取引と特定方法
 「利益相反のおそれのある取引」とは、当社が行う業務により、お客様の利益が不当に害されるおそれのある取引をいいます。  「利益相反管理」とは、利益相反行為を起こさないよう、当該関係情報を適正に管理し、業務の実施状況を適切に監視するための体制の整備、その他必要な措置を講じることをいいます。 当社は、利益相反管理の対象となる「利益相反のおそれのある取引」として、以下の(1)(2)(3)に該当するものを管理いたします。
(1)お客様の不利益のもとで、当社が利益を得ている、または得る可能性のある状況が存在すること、あるいはその状況に
  よりお客様との間の契約または信義則に基づく義務に違反すること
(2)当社がお客様との取引で得た情報を利用することにより、市場等で不当に利益を上げるおそれが高い状況
(3)当社とお客様との取引に伴い、レピュテーション・リスクが生じるおそれの高い状況
 当社は、営業部門から独立した利益相反管理統括部署を設置し、情報を集約するとともに、「利益相反のおそれのある取引」に該当するか否かについて、適切な方法にて特定を行います。
2.利益相反取引の類型
 例えば、次のような取引が「利益相反のおそれのある取引」に該当する可能性があります。
お客様と当社お客様と他のお客様
利害対立お客様と当社の利害が対立する取引お客様と当社の他のお客様との利害が対立する取引
競合取引お客様と当社が同一の対象に対して競合する取引お客様と当社の他のお客様とが競合する取引
情報の利用当社がお客様との関係を通じて入手した情報を利用して当社が利益を得る取引当社がお客様との関係を通じて入手した情報を利用して当社の他のお客様が利益を得る取引
3.利益相反の管理方法
 「利益相反のおそれのある取引」の管理方法として、以下に掲げる方法その他の措置を適宜選択し、組み合わせて講じることにより、利益相反を管理し、当該お客様の保護を適正に確保いたします。
(1)当社内の部門間において、情報の共有による利益相反が発生する可能性がある場合、システム上のアクセス制限、
  物理上の遮断、部門の分離等適切な情報の遮断措置を講じるための方法
(2)利益相反管理のためお客様との取引条件又は方法の変更、又は取引を中止する方法
(3)お客様の利益が不当に害されるおそれがあることについて、事実を開示する場合、お客様の知識・投資経験等を考慮
  し、明確かつ公正な方法により開示を行い、お客様の同意をいただくための方法
(4)その他対象取引を適切に管理するための方法
4.利益相反管理態勢
 当社は、「利益相反のおそれのある取引」の特定及び利益相反管理に関する当社全体の管理を統括するための「利益相反管理統括部署」及び「利益相反管理統括者」を設置し、各部署の営業責任者・内部管理責任者と連携し、利益相反管理態勢を構築します。
5.「利益相反のおそれのある取引」の記録及び保存
 当社は、利益相反の特定及びその管理のために行った措置については、適切に記録するとともに、その記録を5年間保存します。
6.利益相反管理態勢の検証及び継続的な改善
 当社は、本方針に基づく利益相反管理態勢について、その有効性及び適正性を定期的に検証し、その検証結果を踏まえて継続的な改善に努めてまいります。
以上
 
アーク証券について
  • 会社概要・沿革
  • 経営方針
  • ご挨拶
  • 財務情報
  • 最新情報一覧

お客様ご相談窓口東京本社(東京営業部)
名古屋本店(名古屋営業部)
不動産部

8:30〜17:00
(土日祝 年末年始を除く)

ご利用の際は、電話番号をお間違いのないように十分ご注意下さい。

アーク証券 © ARK SECURITIES CO., LTD. All Rights Reserved.